個別指導の特徴

個別指導のメリットとは

個別指導では、一人一人の理解状況に合わせた授業を組むことができます。基礎から復習したい生徒、応用力を高め学校の予習を進めたい生徒、それぞれのニーズに合わせたテキストを用意し、生徒のペースで勉強を進めることができます。また、先生と一対一や一対三で授業が行われるため、個別指導では分からないところを聞きやすいと思います。学力を上げるためには、先生との相性も大切です。個別指導塾では多くの先生が在籍していることが多いため、相性の合う先生を見つけやすいでしょう。

ご紹介したように、個別指導塾には、自分のペースで勉強を進められる、分からないところを気軽に先生に聞けるといったメリットがあります。マイペースに着実に学力を伸ばしたい人には、個別指導がおすすめです。

集団指導の塾との違い

集団指導塾では、決められた年間スケジュールの中で授業が進められます。入塾の時期によっては、学校の授業と異なりかなり進んだ内容が行われていることもあるため、最初授業についていくことが大変なこともあるかもしれません。また、集団指導塾に入塾の際には、クラス分けのテストが行われることも多いです。学力別のクラスに振り分けられるため、自分の目指す学力とは異なるクラスに入ることになってしまったり、同じ塾に通うお友達とは異なるクラスに入ることになってしまったりと希望するクラスに入れないこともあります。個別指導塾では、入塾にテストはないことが多く、友達とも同じ時間の授業に調整してもらえることもあるため、安心して通うことができるでしょう。

冬期講習は生徒と一年間の総復習を行うことが出来ます。今年1年の得手不得手を生徒自身が見直すきっかけにもなり、次の学年へのステップアップをスムーズに行えるようにします。